保育園看護師の求人状況を把握する

病気やケガで病院を訪れた人たちに対して、専門知識をもって優しく、テキパキと対応する看護師さんたち。凛々しいその姿にあこがれ、自らも看護師を目指した人は数多くいらっしゃると思います。 戴帽式では、看護師になるための努力がむくわれ、希望にあふれた新人看護師の姿をみることができますね。

頑張って取得した看護師資格なのですから、より良い環境で仕事をしたい、 と考えるのは当然のことです。 看護師はやりがいのある仕事である反面、たいへんな仕事でもあります。 さらに、現在はたらいている職場の環境に対応しきれない、結婚して 子育てをしたい等、それぞれに事情を抱え、悩んでいる看護師もたくさんいます。

保育園看護師の仕事は、常に需要が多いうえ、ブランクがあっても復帰しやすい有利な資格です。苦労して取得した看護師資格を活かし、より良い環境で働くため、転職を考えてみることをおすすめします。

転職した場合、どのようなメリットがあるのか、報酬面は納得のいくもの なのか、看護師としてのどのような待遇をされるのか、求められるスキル を満たしているのか等、事前に詳しくチェックしなくてはならないことは 数多くあります。

2006年に診療報酬の改定があり、手厚い看護を目的として“患者7人に対して 看護職員1人”という基準が設けられました。同時に、昼・夕・夜それぞれ 実際に働いている看護職員の数などの情報を掲示することも義務づけられています。

慢性的な看護師不足の状況が続いていますが、こういった状況を解消する ため、「潜在看護師」に注目が集まっています。「潜在看護師」とは、 「資格は有るが就業していない看護師」のことで、退職して現場を離れた ためブランクがある、 働きたくても子どもを預ける保育園がない、などの理由で就業できずにいる 看護師のことです。

現在は、ブランクをうめるための研修や、24時間託児所 付きの病院等も珍しくありません。 できるだけ多くの情報を集めてみてください。

手術室での看護師の仕事の流れ

手術室の看護師の仕事の流れを追ってみましょう。手術室での経験が3年目の看護師のTさん。ある程度手術室の業務にも慣れてきた頃という看護師さんです。

本日手術を受ける事になっている患者さんは60歳の男性。肺がんを患い、肝の切除の手術が行われる事になり、Tさんは手術で使用する器具を渡す担当に割り当てられています。手術の前から仕事は始まっています。手術の準備と患者さんのメンタルケアです。

まずは準備です。朝に申し送りがあり、今日の手術についての流れを確認します。注意点や確認しておくべきポイントをしっかりと押さえておきます。その後、手術の前に手術室の準備をします。安全点検、室内の気温や湿度は問題ないかもチェックしておきます。

また、手術で使う器具なども準備忘れが無いかもチェックします。小さな事が大きな事故に繋がりかねないので、しっかりと漏れがないようにチェックして行きます。準備が終わる頃、患者さんが到着しました。

患者さんはやはり大きな手術の前はメンタル的にも弱っている方は多くいます。こちらの患者さんも手術は長引くのか上手くいくのかなど、心配事は多く、ナーバスになっています。ここは看護師であるTさんの出番です。

優しく声を掛けながら緊張をほぐしていきます。患者さんは趣味が野球と将棋という事は事前に分かっていたため、天気の話や趣味の話などをしながら、患者さんが少しでも手術の事を考えなくて済むようにケアしていきます。

手術が始まると手の消毒を行い、衣類も滅菌処理がされた物を着用します。患者さんが寝ている最中に位置がずれないようにマットも調整します。医師の指示で支持された物を用意していきます。

メスや針、糸など、ここは事前の用意がしっかりとされている必要がある所です。Tさんも経験をある程度積み、手術の流れが読めてきて、的確に素早く渡せるようになってきました。手術は無事に成功。患者さんを運び、手術終了後の申し送りを行いました。

看護師の転職活動方法

看護師は何度か転職をすることが多いですが、転職をしてもなかなか理想的な職場に出会うことができないという人は、自分が選択している転職方法が自分に合っていないのかもしれません。

転職活動をする場合、いくつかの方法が挙げられます。まず、できるだけ早く転職をしたいと思っているのであれば、知人からの紹介という方法がありますね。

前に同じ職場で勤めていたものの別の職場に転職をしたという友人がいるのならば、その人に紹介をしてもらってはどうでしょうか。すぐに話が進む場合が多いので、スピーディーに転職活動ができます。

次に、転職先の情報をしっかり調べたうえで検討したいと思っているのであれば、転職支援サイトを活用してみるといいですね。特に看護師の転職に詳しいサイトであれば、各病院や企業の雰囲気なども確認することができます。

また、求人支援サイトを活用すれば履歴書の書き方や面接対策など、採用率をアップさせるためのサポートをしてもらうことができるのも魅力です。何度も転職活動に失敗しているという人は、専門家からアドバイスをもらって職場が探せる転職支援サイトを選択してみてはどうでしょうか。

それから、条件交渉をしたいと思っているのであれば、自分で探したり、新聞の求人情報や、求人情報誌に掲載されているものに応募をしてみるのがおすすめです。応募が殺到している求人では難しいかもしれませんが、そうでない場合は比較的条件交渉に応じてくれるものもあります。

ただ、求人情報誌や新聞を参考にした転職は、その病院や企業について自分で情報を調べる必要があります。専門的なアドバイスをしてくれる人もいないわけなので、転職活動に不安を感じているという人にはあまりおすすめできません。

転職方法としてハローワークを利用している人も多いですが、自分のペースでゆっくり求人を探したいと思っている人には向いている方法です。近年は、空いた時間に気軽に転職活動ができるということで転職支援サイトを活用する人が増えてきています。

ページの先頭へ