CRCとはどんな仕事?

CRCとは、Clinical Research Coordinatorの略で、日本語で表すと治験コーディネーターのことをいいます。 治験コーディネーターと言われてもピンと来ない人もいるかもしれませんが、これは新しい薬の実験などを行う治験をサポートする人のことです。

治験とは、新薬の効果や安全性などを確認するために行われる試験のことです。 新薬が開発された場合、先に動物実験などを行うのですが、動物実験の結果だけでは、人間への効果を判断することができません。

動物実験の時には効果があったものの、人間には効果がないケースもあるので、それらを判断するのに重要なのが治験なんです。治験は病院で行われるため、病院側と連携しながら仕事をしていくことになります。

しかし、病院側とのやりとりだけでなく、治験の対象となる患者さんや製薬会社、医療従事者など、様々な人と関わっていく仕事でもあるので、単に医療に関する知識だけがあればできる仕事というわけではありません。CRCは、医師と患者を繋ぐ重要な仕事であるということを理解しておきましょう。

治験の対象となる被験者は、どうしても不安なことがたくさんあります。 既に広く使用されている薬を使うわけではなく新薬を用いるわけなので、疑問や不安があるのは当然のことですよね。

そういった被験者の心のサポートもしっかり行っていける人材が求められています。 そのため、人と話をするのが苦手という人にはCRCの仕事は厳しいかもしれません。 コミュニケーションを取るのが得意で、人と話をするのが好きという人にはとても向いている仕事です。

新薬の開発をするうえでCRCはなくてはならない存在でもあります。 ただ、CRCという仕事についてあまり詳しく知らないという人も多いでしょう。

医療に関する仕事といえば、医師や看護師、薬剤師などが有名ですが、CRCという仕事は一般的には広く知られていませんよね。 そういったこともあり、CRCは不足しています。 求人情報も多いので、職探しはしやすい職業だと言えるでしょう。

ページの先頭へ