CRCになる方法

CRCになるためには、必ずしも資格が必要になるというわけではありません。 ただ、やる気がある人は全て採用というわけにもいかないので、医療や薬に関する知識があることを証明できる資格を取得したほうがいいでしょう。

資格があれば、どれくらいの知識があるかということを客観的に判断してもらうことができます。 医療系の資格所持者が求められており、看護師、薬剤師、臨床検査技師などの資格を持っていると就職の際に非常に有利です。

CRCは求人数も多く、職場を探すことはそれほど難しくありません。 ですが、専門的な知識を必要とする仕事ということもあり、無資格で働けるところを見つけることができても働き始めてからとまどうことが多いはずです。

それに、ほとんどの求人では臨床経験があることに加え、看護師や薬剤師の資格を持っていることを条件として挙げている場合が多いです。 そのため、未経験、無資格でCRCとして働き始めることはほとんど不可能だと思っておいたほうがいいでしょう。

実際にCRCとして働いている人の多くは資格取得後にすぐに働くというよりも、看護師や薬剤師などの仕事で知識や経験を積んでからCRCの職に就いています。

具体的にどのような流れでCRCの職に就くことになるのかというと、特に多いのが看護師を経てからCRCの仕事を始めるというケースです。 この場合、まずは看護師資格の取得を目指さなければなりません。

看護師資格は国家資格であるため、国家試験合格を目指すことになります。 看護師経験があるとCRC求人で採用される可能性が高いのですが、それでも看護師求人を取得してすぐにCRC求人へ応募するとなるとかなり厳しいです。

看護師として3年ほど経験を積んでからであれば採用率はかなり高くなると言われているので、まずは経験を積むことから始めましょう。 他にも製薬会社での経験を積んだのちにCRCとして働く人もいますが、ほとんどの場合は看護師、薬剤師、臨床検査技師などから転職する傾向にあります。

ページの先頭へ