看護師が夜勤専従の場合でも教育や委員会があるのか

夜勤専従看護師の場合は、日勤時間に実施される業務に参加するとなると時間外勤務になります。 日勤が終わったあとの研修や委員会も夜勤業務時間になるので参加は不可能だと思います。 ここでは、看護師が夜勤専従の場合でも教育や委員会があるのかをお話しましょう。

人によったらこういった研修や委員会に参加するのが嫌な人がいます。 だから夜勤専従を考えている看護師もいるようです。 ある看護師は趣味の時間を増やす目的で夜勤専従になったようです。 生活リズムになれると身体が楽になってサーフィンを満喫したようです。

けれども採用時には基本的に参加しなくても良いとしながらも実際には命令されて出席せざるを得ない医療機関もあるようです。 このあたりは転職や復職する場合には押さえておきたい項目です。

次に教育制度のクリニカル・ラダーを説明しておきましょう。 看護師としての技術や専門知識をレベルに合わせて段階的にマスターできるように計画されたキャリアプランです。

日本語では臨床看護実践能力習熟段階制と呼ばれることもあります。 クリニカル・ラダーは英語です。 クリニカルは臨床、ラダーは梯子(はしご)という意味ですからイメージできると思います。

中途採用者にラダー制度を採用しているところが多いです。 夜勤専従でもラダー制度をとってくれる可能性はあるでしょう。 しかしながら、夜勤専従の求人では経験者を優遇している傾向にあります。

新卒やブランクのある看護師は断られる場合もあるでしょう。 夜勤は人数が少ないですから何かあれば管理能力が問われてしまいます。

以上、看護師が夜勤専従の場合でも教育や委員会があるのかをお話しました。 現実には事前に自分の力で調べ上げるのは限界があるでしょう。 こういった結構ワガママとも言える条件での転職をしたい場合は看護師専門の求人転職サイトでコンサルタントと相談することが一番だと思います。 個人では質問しにくいことも専任コンサルタントが調べ上げてくれます。

ページの先頭へ